1. ホーム
  2. インサイト

人材サプライヤーを最大限に活用

Thumbnail Image

複数の人材紹介会社を利用している企業では、採用プロセスを可能な限り円滑に進める努力が求められます。その過程ではもちろん、最適な候補者を選出し、コスト効率を管理して収益を守ることも重要です。 そのためには、時間を惜しまずに詳細を洗い出し、御社のニーズを満たすためサプライヤーが最高基準に従って業務を行うよう徹底する必要があります。

目指すは最大の成果の達成。そのためのいくつかのヒントをご紹介します。

理想的なベンダー数の見極め
リスクを分散させる意味で、つい際限なく多数のサプライヤーを利用したくなるかもしれませんが、そのようなアプローチは却って危険を招くことがあります。 サプライヤーの数を限界まで増やしている方は、それが本当に厳選された顔ぶれかどうかを自問してみてください。

サプライヤーが1社増えるたびに監督業務のボリュームも増えるわけですから、各社が優れた成果を挙げてくれるよう徹底する必要があります。 そこで、共通の条件・基準に照らしてサプライヤー各社のパフォーマンス評価を行えば、実態が明らかになり、取るべき措置が見えてくるはずです。 業績が特に悪い業者を優先サプライヤーの位置に置いておく意味が果たしてあるでしょうか。 実際、ベンダーの数が少ないほど個々の業者が献身的な働きをしてくれるというケースも少なくありません。

信頼関係とコミュニケーション
ご利用のベンダーは例外なく御社からの電話に応対し、求職者を斡旋してくれているかもしれませんが、これらは各社が満たすべき最低要件にすぎません。 本音を言えば、サプライヤー各社が御社を最優先してくれていると実感できるようなやりとりが理想でしょう。

取引先の採用パートナーが、最高のサービスと速やかな対応、効果的なコミュニケーションを一貫して提供してくれているかどうか、目を光らせておく必要があります。 彼らが御社の採用ニーズを明確に理解していれば、最適な候補者のみを厳選したうえで提供してくれるはずであり、御社の業務は格段にスムーズになります。

• パートナーとしてのコンサルティング:一層優秀な人材を惹きつけ、育成し、定着させるためのアドバイスを提供してくれるベンダーかどうかに注目します。これは、最高の人材を獲得するための御社の競争戦略の策定にあたり、重要なポイントです。

• 先見的なサービス:ベンダーとの間では、コラボレーションの効果や全体的な効率を最大限に高められ、かつ御社がプロセスの詳細管理に費やす時間を短縮できるような関係が理想的です。 そのためにも、「どのような貢献が可能か」を常に考えてくれるようなベンダーを選ぶ必要があります。

• 優秀な候補者へのアクセス:
多数の候補者を紹介されても、その質がばらついていたり、一様に低いという状況では、すべてが時間の無駄に終わってしまいます。 集まった候補者の総数ではなく、質の高い人材の数に目を向けてください。 経験豊富な採用パートナーほど、御社のソフト面でのコスト管理のサポートに長けており、効率や全体的な収益の維持・向上に貢献してくれるものです。 御社の確固たる信頼を勝ち得るベンダーが現れた暁には、互いの協力関係がいかに計り知れないメリットを実現し、御社により大きな成功をもたらすかを実感いただけるはずです。

強固な信頼関係構築の鍵を握るのは、プロセスの効率化です。 各ベンダーとの取引の投資利益率を厳しくチェックしてみれば、比較的少数のベンダーとの間により強力な関係を築くという方向性が自ずと定まるでしょう。それでこそ御社は不要な業務を削減し、事業目標の達成に集中して取り組むことができるのです。

今すぐAerotekにご相談ください。人材サプライヤーを最大限に活用する秘訣を詳しくお伝えします。